こんにちは、鳥栖院鍼灸師の山口です☆

9月になっても残暑が厳しいですが、秋は美味しい食べ物がたくさん!!

ぶどう、柿、梨、栗、さつまいも、さんま、、、

今年の秋は旬のものをたくさん食べたいと思います(^^)/

今回は自分と同じで美味しいものを食べ過ぎてしまう方に食べる衝動を抑えるツボを紹介します!

 

多くのツボが集まる手足には、胃腸の働きを抑えるツボと

無駄な食欲の原因となってしまうストレスを緩和するツボがあります。

 

食欲を抑えるツボ

①厲兌(れいだ)

 

 

 

 

 

 

足の人差し指の爪の付け根にある ‘‘癘兌‘‘ は、胃の機能を鈍らせ食欲を抑える作用があります。

食事30分前に足の人差し指の外側(小指側)全体を揉むように刺激します。

 

②湧泉(ゆうせん)

 

 

 

 

 

 

 

足の裏の土踏まずの上から人差し指に向かって少しくぼんだ部分にある ‘‘湧泉‘‘ は、

ホルモンを整えることで肥満を抑制します。

ツボのあたりがぽかぽかと温まってくるまで、繰り返し押し続けましょう。

 

ストレス緩和におすすめのツボ

①中衝(ちゅうしょう)・・・中指の爪の付け根(人差し指側)にあるツボ

②関衝(かんしょう)・・・薬指の爪の付け根(小指側)にあるツボ

 

‘‘中衝‘‘ と ‘‘関衝‘‘ は、刺激すると血液の循環が促され心が落ち着くので

食べることでストレスを発散させるようなことがなくなります。

反対の手の親指と人差し指で挟み込み痛気持ちいい程度で刺激します。

 

ツボを刺激して、美味しいものをたくさん食べて、一緒にコロナを乗り越えましょう!