• ホーム
  • お知らせ
  • 整骨院
  • デイサービス
  • 交通事故治療・労災(労働災害)
  • スポーツ外傷・メディカルスポーツ
  • 膝の痛み専門・肩の痛み・腰痛
  • 鍼灸治療
  • メディカルダイエット
  • 求人情報
  • お問い合わせ

整骨院

スポーツ外傷・メディカルスポーツ

スポーツ外傷

整骨院とスポーツ整形が医接連携し治療することで、スポーツ選手の現場へのより早い復帰を理想としています。

当院ではスポーツ選手のケガ、スポーツ外傷の治療を行なっています。

スポーツ外傷といっても、骨折・脱臼・捻挫・肉離れなど様々です。ケガの状態や程度、スポーツ外傷の種類により整骨院で治療したほうがよいものと、骨折・脱臼はもちろんですが、ケガの重症度に応じて医師の診察が必要で一般整形をご紹介した方がよいもの、スポーツ外傷専門の整形外科をご紹介しレントゲン検査・MRI検査・CT検査をして治療した方がよいものを判断して治療しています。


当院では、福岡スポーツクリニック武田スポーツ整形外科と提携し、「より正確に」、「より安全に」よりよい治療を行なっていきます。


当院では、スポーツ外傷後のリハビリ・トレーニングをスポーツトレーナー常駐のリハビリ施設・メディカルスポーツで行う事ができます。

スポーツ外傷専門

福岡スポーツクリニック

福岡スポーツクリニック

武田スポーツ整形外科

武田スポーツ整形外科

メディカルスポーツ

当院のメディカルスポーツ

主な症例

膝半月板損傷
膝半月板損傷 膝半月板損傷とは、大腿骨と脛骨の間に存在しクッションの役割がある半月板の一部が、スポーツなどにより過剰な衝撃が加わったり、不用意な捻りが加わることで裂けたりする事をいいます。

半月板損傷の多くは荷重のかかりやすい内側に多く発生します。半月板が損傷すると階段や立ち上がりなどの膝の曲げ伸ばしの際に痛みや引っ掛かり感を感じたりします。酷くなると炎症を起こし、膝に水(関節液)が溜まったり、急に膝が動かなくなるロッキングという状態になり、歩けなくなる程痛みが強くなることもあります。

治療は損傷のグレードの軽度なものでは大腿筋膜張筋とハムストリングスの筋肉の調整・超音波治療を行い、多くの方の痛みが軽減されています。2~3週間で痛みに軽減が見られない場合は、膝の専門医をご紹介し、MRI検査で詳しく調べていただき、それぞれの患者様に合った治療を行なっていきます。基本的にロッキングや膝関節の伸展が制限されたものは手術の適応となりますが、当院ではなるべく手術しなくて済むよう患者様と相談しながら治療を進めていきます。
肉離れ
肉離れ 肉離れはスポーツをしている最中に起こりやすく、筋肉が伸ばされながら収縮することにより、筋力に負けて筋膜や筋線維の一部が損傷することです。

大半は下肢に発生し、大腿四頭筋・ハムストリングス・腓腹筋に多く、筋肉の疲労やウォーミングアップ不足、筋力のアンバランスなどが原因としてあげられます。肉離れは内出血により瘢痕組織が形成され、瘢痕を残すと後々の痛みの原因や再発の原因になるため、当院では瘢痕を残さないよう超音波治療を行います。

また、肉離れはスポーツ外傷の中でも軽視されやすく、スポーツ復帰後の再発が多いケガです。選手の見切り発車による再発を防ぐ為、メディカルスポーツにてストレッチ・筋力トレーニングを行ってもらい、再発防止に努めています。
足関節捻挫
足関節捻挫足関節捻挫は可動運動範囲を超えるような外力により靭帯や関節包、皮下組織が損傷することです。高頻度の外傷で、特にスポーツでの受傷が多く、内返し動作を強制された時に発生します。

捻挫は靭帯の損傷の重症度の判定により治療内容や治療期間に関与してくるため、正確な判断が必要とされ、また合併症を伴いやすいため見落とさないよう診断を行っております。

当院では炎症、痛みを早くとる為に超音波治療を行なっています。再発防止の為に、メディカルスポーツでのストレッチ・筋力トレーニングを勧めております。

シンスプリント
シンスプリントシンスプリントは繰り返しのランニングやジャンプを過度に起こった場合に発症しやすく、下腿後内側1/3に運動時に痛みを生じる過労性炎症性疾患です。

痛みは脛骨にそって疼くような鈍痛で始まり、筋肉が骨に付着するラインに沿って起こります。多くの場合、運動開始時と運動後に痛み、症状が進むにつれ、運動している最中、更には起床時にも痛むようになります。

当院では超音波治療と脛骨に対する張力を弱める為、下腿三頭筋・後脛骨筋の弛緩とストレッチを行います。シンスプリントは疲労骨折との鑑別が必要であり、圧痛が全体での痛みではなく、一点での痛みの場合、疲労骨折の疑いがある為、提携のスポーツ整形にてレントゲン・MRI検査を行い、早期発見を目指します。
野球肘
野球肘 投球動作のくり返しによって肘関節に生じる疼痛性障害を総称して野球肘といいます。

症状の部位により内側型・外側型に分けられ、大半は前腕屈筋群・内側側副靭帯の牽引力によって起こる内側型です。内側型は、前腕屈筋群・内側側副靭帯の付着部である内側上顆に炎症がおき、ひどくなると剥離骨折や骨端線離開がおきます。

治療は超音波治療を行い、炎症を軽減させ、前腕屈筋群の弛緩を行います。また、内側型に比べ頻度は少ないですが、外側型では上腕骨離断性骨軟骨炎があります。上腕骨離断性骨軟骨炎になると、治療に長期を要し、進行すると野球を断念せざるを得ない事もある為、早期発見・早期治療が重要となります。

疲労骨折
野球肘疲労骨折はスポーツなどの跳躍や長時間の疾走などを繰り返し行うことで、筋力の牽引力や地上からの衝撃が原因となり発生するものです。

スポーツ外傷の疲労骨折は主に下肢に起こり、第二中足骨、脛骨の疾走型が多くみられます。疲労骨折は早期発見により約1カ月早く骨癒合することができる為、当院では疲労骨折の疑いがある場合、提携のスポーツ整形外科にてMRIを撮影し早期発見、早期回復を目指します 。

疲労骨折の治療は、超音波治療器をセーフスモードで照射することにより、骨癒合期間を約40%短縮することができます。また、治療中でも、メディカルスポーツにて荷重をかけずに有酸素運動や筋力トレーニングを行うことができるので、現場への早期復帰も可能です。
腰椎分離症
腰椎分離症 腰椎分離症は、思春期に主として下部腰椎椎弓根部の疲労骨折として発症します。

大半は過度のスポーツ活動による腰椎の伸展・回旋が原因となり、第5腰椎に好発します。腰椎分離症は早期発見し、治療する事により必ず治ります。

当院では、分離症の疑いがある場合、スポーツ活動の中止・安静を指導し、提携のスポーツ整形にてMRI、CT検査を行います。早期発見をすることができ、レントゲン検査だけでは分かりにくい先天性のものとの区別や骨癒合の時期を把握できる為、治療期間の短縮に繋がります。当院での治療としては、超音波を照射する事により、骨癒合日数を短縮させることができます。また、メディカルスポーツにて腰に負担をかけずにトレーニングする事ができる為、スポーツ現場への早期復帰が可能です。

腰椎分離症は、治療せずに放置しておくと『分離すべり症』となり、神経症状が出たり、スポーツ活動を断念せざるを得ないことがあります。その為、スポーツ整形にてより詳しい検査をすることが重要な疾患の一つです。

メディカルスポーツ

有酸素トレーニングマシン・リラクゼーションマシン・パワートレーニングマシンなどスポーツトレーナーによる運動を介した健康の回復を目指し、バリエーションに富んだ治療を行なっています。 特徴:整骨院での治療の一環としての筋力強化・スポーツ外傷の早期復帰と再発予防・生活習慣病の予防・改善
リハビリテーションマッサージ
有酸素系トレーニングマシン・ウエイトトレーニングマシン

スポーツ障害・スポーツ外傷の方に

当院では成長期のスポーツ障害をはじめ、アスリートのスポーツ外傷に対し、
早期復帰に向けた専門的リハビリテーションを行なっています。

生活習慣病・高齢者の方に

当院では肥満・糖尿病・高脂血症など生活習慣病の方へのメディカルフィットネス、
いつまでも若さを保ちたい方へのパワーリハビリテーションを提供しております。

料金

マシントレーニング・運動指導 200円
ゲルマニウム温浴
下肢のむくみ改善
医療用岩盤浴
500円
※すべてのリラクゼーションマシンをご利用いただけます。

利用の流れについて

初めてご利用を考えて頂いている方にも、安心していただけるよう、簡単な流れをご説明させて頂きます。

step1ご来院
整骨院で診察を受けます。
初めてご利用の方は、まず整骨院で診察を受けて頂きます。
整骨院の受付にメディカルスポーツ利用希望と伝え、問診票にご記入下さい。
受付:月~水・金17:00~20:30となっております。(※鳥栖院は17:30)
ご来院の際は必ず保険証をお持ちください。
ご来院
Next
step1ご来院
カウンセリング
メディカルスポーツ利用の前に柔道整復師による問診と医学的検査を行い、
より安全で効果的にリハビリ・トレーニング出来るようカウンセリングを
行います。
問診
Next
step3説明
目標設定・ゴール設定
現在の身体の状況や試合日程などのバックグラウンドを考慮し、目標設定、
ゴール設定をします。また、運動から遠のいていた方でも安心して利用できるよう、体力を把握し適切な負荷での運動を勧めます。
説明
Next
step4運動開始
運動開始
利用者様とトレーナーと一緒に作ったメニューを実践していきます。
またケガからの復帰や手術後の方は、担当医や整骨院の先生と連携を取りながら進めていくので安心してリハビリに取り組むことができます。
運動開始
Next
step5指導
指導
自宅でも出来る運動・ストレッチをお教えします。
指導

治療内容 脛骨疲労骨折・シンスプリント
名前/年代 青山 生様 / 10代男性 / サッカー

僕は小郡南のジュニアの頃から怪我をした時は徳田整骨院に通っています。

中学の時に陸上とサッカーの練習が重なり左脛骨疲労骨折をしました。その時は武田スポーツクリニックを紹介してもらいMRI検査をして早期に診断してもらう事ができました。その後徳田整骨院で超音波治療をして早く治ったのを覚えています。

小郡で筑陽の顧問ドクターでもあり、サッカー専門の武田先生と連携して治療してもらえるので本当に助かっています。

今年は全国目指して日々厳しい練習を頑張っていきますのでこれからも身体のケアをお願いします。

治療内容 シンスプリント・ハムストリング肉離れ
名前/年代 中村 隼太様 / 10代男性 / 陸上

僕は陸上をしていて中学校の時から怪我の治療や体のメンテナンスに徳田整骨院に御世話になっています。

高校に入学して筋トレを行うようになってから筋肉が増えてきたのと同時に硬くなりシンスプリントになったり、筋肉の炎症を起こし色々なスポーツ障害に悩まされました。

疲労から怪我に繋がらないように1日の疲労を出来るだけ残さないように徳田整骨院での筋肉をマッサージと鍼灸治療でのケアを大切にしています。

僕は学校が遠く帰りの時間が遅いのですがいつも夜の9時迄治療して頂いているので感謝しています。
これからも宜しくお願いします。

治療内容 膝の痛み・テーピング
名前/年代 篠崎 英夢様 / 10代女性 / 柔道

私が徳田整骨院に通うようになったのは、柔道をしている時に膝を痛めてお母さんに連れて行ってもらってからです。

整骨院で治療をするようになってから、痛みがちょっとずつ減って今では膝が痛くなくなりました。

毎日柔道をしているから、手とか肩も怪我するけど整骨院で治療やテーピングをしてもらえるので怪我の心配をせずに思いっきり出来ています。
これからも、宜しくお願いします。

治療内容 ジャンパーズニー・体幹トレーニング
名前/年代 中川 遼様 / 10代男性 / バスケ

僕は小5からバスケットボールを始め、大会の時に膝を痛めたのがきっかけで徳田整骨院に治療に来るようになりました。

コンタクトスポーツなので膝や足首などに痛みが出ることが多く、今でも痛めるたびに整骨院に来てその時の症状に合わせた治療をしてもらっています。

また、僕は体が硬くてプレー中にすぐ怪我をしてしまうので、2階ににあるメディカルスポーツでスポーツトレーナーの先生にストレッチと体幹トレーニングの指導をしてもらってます。

徳田整骨院では痛めたところの治療だけじゃなくて、体のケアやその後の予防までしっかり行えるので本当に助かっています。ありがとうございます。

交通事故治療のご案内

交通事故専門治療院

交通事故治療・補償・請求手続
私たちが解決します!

詳しくはコチラ
整骨院・鍼灸治療の無料送迎いたします!
患者様の声
お問い合せ

徳田整骨院(交通事故の受付)

  • 小郡院:0942-72-4272
  • 鳥栖院:0942-85-8601

デイサービスセンター トクダ

  • 小郡院:0942-50-5775
  • 鳥栖院:0942-85-8603
メールで問い合わせる
  • よくあるご質問
  • 提携・協力医院
  • アクセスマップ
スタッフブログ
  • 小郡院
  • 鳥栖院
診察・ご利用時間のご案内
  • 徳田整骨院
    小郡院:0942-72-4272
    鳥栖院:0942-85-8601

    徳田整骨院カレンダー

  • デイサービスセンター トクダ
    小郡院:0942-50-5775
    鳥栖院:0942-85-8603

    デイサービストクダカレンダー

ジコサポ
ジコサポ
ページトップ