整骨院

osteopathic

首・肩の痛み

肩の痛みでお困りの方へ

肩や首の痛みは治らないものと諦めていませんか。

痛みの原因は何なのかを明らかにして治療をすることが治癒への近道です。
徳田整骨院では専門的な物理治療やリハビリを行い早期に症状改善することが出来ます。

施術風景

【主な症状】
・むち打ち症・寝ちがい・肩こり・腱板損傷・五十肩・頚椎椎間板ヘルニア

首や肩のこりは悪化すると頭痛、めまい、吐き気の原因となり日常生活に支障が出る場合もあります。
当院ではスポーツによっておこる肩の怪我や神経由来の痛みなど様々な痛みに対して医学的な根拠を元に西洋医学と東洋医学を交えながら最適な治療方法を選択しています。また専門医へのご紹介も行っていますので安心して通院出来ます。長期間痛みが続く方は是非当院へご相談ください。

肩関節周囲炎

頸椎ヘルニア

頸椎と頸椎の間に挟まって脊柱を構成している椎間板と呼ばれる柔らかい繊維軟骨組織があります。椎間板の働きは脊柱にかかる衝撃の緩衝材となり、変形して体の可動域を広げるといった重要な役割を果たしています。この椎間板はゼリー状の髄核を繊維輪が包んでいる構造をしていますが、髄核が何らかの原因によって繊維綸から外に飛び出すと、その周辺にある神経を圧迫して上肢に痛みやしびれといった様々な神経症状が現れる疾患です。
頸椎ヘルニアは40歳前後に発症しやすく、その原因は椎間板自体の変性以外に頸椎の変形や猫背やストレートネックなどの姿勢から来る頸部への持続的ストレス、時にはスポーツや交通事故などで頸部に急な衝撃が加わり発症する事もあります。
頸椎は神経や脳に供給する血管があり繊細な部位なので、治療は慎重に行わなければなりません。当院では悪姿勢や痛みによる頸部、肩部の筋緊張を緩め、頸椎の可動域を獲得していく事で、椎間板に加わるストレスを軽減し症状の緩和を行っています。

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)

急に肩が挙がらなくなったり、結髪・結帯困難などの運動障害や夜間の痛みを主訴とする疾患です。特に原因が無い事が多く、40代~50代の方を中心に発症するので四十肩・五十肩と呼ばれる事もあります。典型的な病態として発症してから筋痙縮期・拘縮期・回復期を経て治癒していきますが、治癒に長期かかる事も多く腕が完全に挙がらない・手を後ろに回すのが困難などの拘縮を残したままの方もたくさん見かけます。

早く治す、そして拘縮を残さない為には各病態により物理療法や運動療法などの治療方法を変えていく事が大切で、当院では病態をしっかり把握することにより病態による治療方法の選択を行います。筋痙縮期には痛みや炎症を取る為に超音波照射などを行い、拘縮期から徐々にコッドマン体操を併設リハビリ施設で指導したりします。こうすることで自然経過で治すよりも早く治癒に導く事が出来ます。

肩腱板損傷

肩腱板損傷

盛んにスポーツをしている20代~高齢者にかけて幅広く診られる疾患です。肩の腱板とは主に腕を上げる時に作用する4つの筋肉で構成されています。これら筋肉の腱が加齢による変性や繰り返す機械的刺激、また転倒などの外傷により痛んでしまっている状態を肩腱板損傷といい、一般的には肩が挙がらない事が主な症状です。
偏に腱板損傷と言っても微細な部分断裂から腱そのものが完全に断裂したものと様々で病態と年齢、スポーツなどの活動レベルによってはMRI検査や手術を勧める事もあります。

高齢者において完全断裂は日常でよく遭遇しますが、多くは手術をしない保存療法を選択します。それは腱が完全に断裂していても日常生活で困らないくらいの角度まで腕を上げることが可能だからです。その為には既存の筋肉の力が必要になってきますが、この筋肉達の腕を上げる為の環境が充分に整っていない方も多く見かけます。
腕が上がらないまま放置し続けると筋肉の萎縮が進行し、ますます腕が上がらない様になってしまうので、炎症が強い時期は超音波照射などを行い、肩関節の遊びを出す様に周囲の筋緊張を和らげたり運動による筋力強化を図り早期に腕を上げる為の環境作りが大切になってきます。

投球肩障害

投球肩障害

野球におけるピッチャーなどの投球動作をする競技選手に多く診られ、投球動作時の痛みや肩の不安定を主訴とする疾患です。発症年齢と病態は様々で、中学生などに多く見られるリトルリーガーズショルダーとは大人の骨になりきれていない成長軟骨障害でひどい場合は疲労骨折になるケースもあります。
その他にも投球障害には投球動作と肩関節の構造上、肩の腱板が肩関節で挟まれる関節内インピジメントや上腕骨が脱臼しないように肩関節の安定性を高める関節唇を傷めたりする病変などがあげられます。
原因として体の柔軟性の低下や悪いフォームでの投球、そして使い過ぎ(over use)などが挙げられますが、投球肩障害は肩関節のどこに繰り返しのストレスがかかり痛みが出ているのかを見つけ、どのようなプログラムでスポーツ復帰をしていくかが大切になってきます。
当院では徒手検査と場合によってはMRI検査などで原因を追究し、併設のリハビリ室と連携しながら治療を行っています。
ほとんど多くの場合保存療法を選択していきますが、症状が強い場合や取れない場合は肩の専門医による精査が必要になってしまうケースもあるので、肩の痛みを感じた場合は早期の受診をお勧めします。

スポーツ選手の方や・運動中におこった怪我については、こちらのページをご参照ください。

スポーツ外傷

整骨院メニュー

徳田整骨院
徳田整骨院内観
徳田整骨院 小郡院外観
徳田整骨院 小郡院
福岡県小郡市祇園2-2-8
0942-72-4272
午前-
午後--
診療時間/ 月曜~金曜 午前 8:30~12:00
午後 14:30~21:00
土曜 午前 8:30~12:00
休診日/ 日曜・祝日
小郡院案内・アクセス
徳田整骨院 鳥栖院外観
徳田整骨院 鳥栖院
佐賀県鳥栖市本町2-83-1
0942-85-8601
午前-
午後--
診療時間/ 月曜~金曜 午前 8:30~12:00
午後 14:30~21:00
土曜 午前 8:30~12:00
休診日/ 日曜・祝日
鳥栖院案内・アクセス
デイサービスセンタートクダ
デイサービスセンター内観
デイサービスセンタートクダ 小郡
福岡県小郡市祇園2-2-8
0942-50-5775
営業時間/ 月曜~金曜 午前 9:00~12:00
午後 14:00~17:00
土曜 午前 9:00~12:00
定休日/ 日曜・祝日
施設紹介・アクセス
デイサービスセンタートクダ 鳥栖
佐賀県鳥栖市本町2-83-1
0942-85-8603
営業時間/ 月曜~金曜 午前 9:00~12:00
午後 14:30~17:30
土曜 午前 9:00~12:00
定休日/ 日曜・祝日
施設紹介・アクセス